食べログの横浜市の寿司ランキングTOP20にも入ってくる「ほどがや千成鮨」

食べログの横浜市の寿司ランキングTOP20にも入ってくる「ほどがや千成鮨」

保土谷駅って、横浜駅から1駅3分なんですね。
便利だなぁ。
ちなみに、
JRの横浜駅からは、横須賀線と湘南新宿ラインの大船方面行きが停まる9番線から乗るんですが、
湘南新宿ラインの快速は、保土谷駅は通過するんで注意が必要です。

保土谷駅を出たスグの「ほどがや千成鮨」

「ほどがや千成鮨」は、
保土谷駅の改札を出て、東口の階段を下りたらスグ左手にあります。
駅舎の隣りのビルって具合で。
“駅スグ”とはまさにこのお店のこと。

夜に伺いました。
カウンター席の席だけ予約しておいて、
“おまかせでお願いします”と伝えました。
おまかせと言っても、途中で要望を聞いてもらったりしたわけですが…。

Read more

横浜スパイスカレー戦争の一翼を担う、野毛「トリステッサ」

横浜スパイスカレー戦争の一翼を担う、野毛「トリステッサ」

近年のスパイスカレー戦争、
始まりは大阪でしょうか、
東京でも盛り上がりを見せていて、
最近、横浜でも勃発し始めました。

その一翼を担うお店が野毛にあります。
「トリステッサ」です。

ランチタイムにしか行ったことがないのですが、
ランチタイムに何度か行って把握したハウツーとともに、
レポートします。

まず、
スナックを居抜いたような小箱のお店で、マスターがお一人でやっているので、
臨時休業や売り切れなどがないか、
行く前にお店のTwitterをチェックしましょう。

ランチタイムの営業は11:00からです。

初めて行った時は、13時前に着いたら、
直前で売り切れになって食べれませんでした。

二度目、12時ぐらいに行ったら、
無事にありつけました。
この時のメニューは、ポークビンダルーで、1000円ほどでした。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

saketotsumami (酒とつまみ)さん(@saketotsumami)がシェアした投稿

最近、再び食べに行きました。
この時も12:00ぐらいに着くようにしました。

というわけで、
売り切れがあるので、早い時間の訪問がマストです。
また、
桜木町駅から10分ほど歩くので、
遅い時間になった際は、向かう前に、
売り切れていないか電話で確認した方がいいと思います。

この時のメニューは、ポークビンダルーとキーマのあいがけで、1280円でした。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

saketotsumami (酒とつまみ)さん(@saketotsumami)がシェアした投稿

味の方は・・・
スパイシーさがちょうどよくて、
食材自体とスパイスのそれぞれの風味が相まって美味です。
カレーと副菜のスパイスの方向性が全部違って、
なんとも滋味深いんです。

一度食べるとまた食べたくなる、
これがスパイスの魅惑なんでしょうか、
そんなスパイスカレー屋です。

みなさんもぜひ!

ちなみに、
店名に“スパイスカレーと酒のアテ”というコピーが付いてますが、
夜のメニューを尋ねたら、ランチと同じカレー1択とのことで。
酒のアテになるつまみメニューが別にあるわけではないそうです。
(ちょっとこのコピーには違和感?笑)

「トリステッサ」店舗情報
住所: 横浜市中区宮川町3-68-1 ライオンズマンション野毛山公園303号
電話: 045-241-1061
公式ツイッター

 

馬車道駅(関内駅)に移転した「上海酒家 岳」

馬車道駅(関内駅)に移転した「上海酒家 岳」

横浜の中華の名店「上海酒家 岳」

横浜に住んでいて、よく聞くのが、
「ハマの中華の名店は(横浜)中華街にあらず」
という話です。

以前、まだ風俗街の曙町に店舗があった「上海酒家 岳(がく)」に行った時、
確かにそうだなと実感しました。

その「上海酒家 岳」が、2018年末に馬車道駅に移転したと聞きつけて、
先日、とりあえずランチを食べに行ってきました。

ランチメニューは、4種類で、週替わり。
この時は、「蒸し鶏」をチョイス。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

saketotsumami (酒とつまみ)さん(@saketotsumami)がシェアした投稿

当たり前ですが茹でてなくて蒸してあるので、
・・・家じゃなかなか蒸せないですよね・・・
ふわっとやわらかくて、めちゃうまでした。
ライスは、上品に小さい器で出てきますが、おかわり自由です。
(おかわりしました。)
写真には写ってないですが、食後にデザート(この時は杏仁豆腐)も付いてきます。
これで1,000円だったので、驚愕でした。

加えてうれしかったのが・・・
税込みで1,000円ポッキリ。
支払いにPayPayが使えます。
(レジ脇POPのQRコードを読み取るスキャン支払い方式。
自分で金額を入力して、自分で支払いボタンを押すスタイルでした。)

“ギャラクシー餃子”が食べたい

料理は以前からこのクオリティーなんですが、
バリバリのオフィス立地の馬車道に移転して、大正解だと思います。

以前にディナーで食べた、“ギャラクシー餃子”が忘れられないから、
今度また夜に訪問したいと思います。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

saketotsumami (酒とつまみ)さん(@saketotsumami)がシェアした投稿

羽根があめ細工みたいですよね。
これが宇宙を感じさせるから“ギャラクシー餃子”とお呼びしたい次第なんです(笑)。

「上海酒家 岳」店舗情報

住所: 横浜市中区南仲通3-35 横浜エクセレントⅢ・B1F
電話: 050-5596-5697
「食べログ」ページ

(訪問日:2019/3/23)

 

横浜市中区の寿司屋で【食べログ】第1位の「寿司はしもと」

横浜市中区の寿司屋で【食べログ】第1位の「寿司はしもと」

「寿司はしもと」でおまかせを

JRの関内駅の北口改札を出て、
すぐの、JRの線路を横断して通っている関内大通りを右へ。
尾上町交差点を渡った先に、アパホテルとコンフォートホテルが。
手前にアパホテル・奥にコンフォートホテルを横断している通りを入船通りと言います。
コンフォートホテル側に渡ってから、入船通りを右に進んでいくと、
左手に「寿司はしもと」はあります。
「信和ビル」というビルの1階です。

関内の中では大きな通りにありますが、
間口も狭いので落ち着いています。
外の道から店内の様子が少し見えるのですが、
店内に入ると外の喧騒を感じないのが良かったです。

おまかせでお願いしました。

お通しの磯つぶ貝から。

「寿司はしもと」おつまみ

最初は刺身。
脂の乗ったわらさが最高でした。

卵も乗ったぼたん海老、甘くてぬったりしてて、滋味深いです。

焼物は太刀魚。添えられているのは青みかん。
鮨は季節が感じられるのが素敵ですよね。

「寿司はしもと」にぎり

うには海苔なしでしたが、全く臭みとかなくて。美味しかった~。

鰯は酢〆、シャリとのあいだにガリが忍ばせてって。
かんぴょう巻きはわさびが多めに塗ってあって。
と細かいところまで気が利いてます。

追加で、穴子(タレ)とトロたく巻きをお願いしました。

2人で5杯ほどお酒を飲んで、
お会計は2人分合計で25,000円。
高級鮨でコスパを語るのも野暮だと思いますが、
コスパも良いかと。

評判に違わぬイイ鮨屋でした!
みなさんにもオススメです。

「寿司はしもと」店舗情報

住所: 横浜市中区住吉町3-31 信和ビル1階
電話: 045-651-4021
「食べログ」ページ

 

2018年3月17日ダイヤ改正によるJR京浜東北線の桜木町駅始発の時刻表

2018年3月17日ダイヤ改正によるJR京浜東北線の桜木町駅始発の時刻表

桜木町駅が始発の、
JR京浜東北線の、横浜・蒲田・品川方面(北行)のダイヤが、
2018年3月に変わります。

平日朝の始発ダイヤを以下に。

<2018/3/16(金)まで>

時台  
6 51
7 04、22、30、41
8 00
9 14、26

↓     ↓     ↓

<2018/3/19(月)から>

時台  
6 45、56
7 05、28、
8 08、41
9 01、12、24

 

私、これまで、8:00発の始発に乗って毎日座って通勤していました。
新しいダイヤの、8:08発だと出勤時間に遅刻してしまうし、7:28発だとさすがに早すぎるしで、
始発で座って乗っていけなくなってしまいました。

みなさんはいかがでしょうか?
ちょうどいい時間の始発ができたという方もいるのではないでしょうか。

3/3〜5に横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス 2017」開催

3/3〜5に横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス 2017」開催

「パンのフェス」は去年に続き第2回目の開催

こんな駅貼りのポスターを見つけて、

調べてみました。

「パンのフェス」公式サイト
http://pannofes.jp/

昨年2016年に第1回が開催され、約12万人の動員と大盛況につき、
今年も開催されます。
開催日は、2017年3月3日(金)・4日(土)・5日(日)の3日間です。

パンを買うには先行入場料300円が必要かと

2016年開催のダイジェストビデオを見ると、

“全店SOLD OUT!!”とあります。
今回、
入場料が無料の一般入場は15:00からとなっており、
それとの差別化で、
入場料300円を払うと、11:00から先行入場できるようになっています。
間違いなく、先行入場しないと、少なくとも人気のパン屋さんの商品は、売り切れになってしまうでしょうね。

幅広い出店舗

出店舗一覧を見てみると・・・
三軒茶屋の有名店「シニフィアン シニフィエ」や、
全国のパンマルシェでおなじみの広島の里山に店を構える「おへそカフェ&ベーカリー」に、
地元横浜の名店も多数出店と、
これは、家族分/1週間分のパンを買い込みたくなりますね!

毎月第1・3土の9~11時は横浜市中央卸売市場の市民開放日

毎月第1・3土の9~11時は横浜市中央卸売市場の市民開放日

「アド街」でも1位になった横浜市中央卸売市場本場水産物部

テレビ東京「出没!アド街ック天国」の<京急 仲木戸>の回で、
中央卸売市場の市場開放のことが、
第1位として紹介されていました。

開放日は、
毎月、第1と第3の土曜日です。
時間は、早朝の9:00から11:00までとなっています。
(該当土曜が市場の休業日にあたる場合は実施しないそうなので、)
詳細は、こちらでご確認を。
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/orosi/topics/gyoshokufukyu.html
(ページURLは固定でこれで、ページ内容が随時更新されていきます。)

先着で来場者サービスあり

2017年2月の第1土曜に行ってきました。

まず、
場内は、鮮度管理のために冷えているので、
・・・冬場は、外よりも場内の空気の方が冷たかったです・・・
相当暖かい格好をして出向くことをオススメします。

場内を歩いていると行列が。
来場者無料サービスとして先着300名にふるまわれる味噌汁をもらう列でした。

ネタは毎回変わるようで、
今回は、神奈川県産の新物わかめを使った味噌汁でした。

貝類でダシがとられてて、ワカメはトゥルットゥルで、おいしかったです。

仲卸店舗で買う魚貝はお得

場内の仲卸業者の店を一周して、何を買おうか決めて、
この日は、2つの店で、
生本マグロの中とろのサクと、ムール貝を買いました。

ムール貝を買う時に、どう買えばいいのか不安でしたが・・・
店のヒト「(1)キロ(あたり)600円だよ」(←あとからこう言ってたんだと完全に把握できた。)
店のヒト「どうします?」
僕「10個とかでもいいですか?」
店のヒト「ハイ」
というわけで、
10個で300gぐらいで、お値段なんと200円ぐらいでした。

買った食材は、
その日の夕飯に、
マグロはカルパッチョに、ムール貝は白ワイン蒸しにと、
“洋”に仕上げました。

ムール貝の白ワイン蒸し、おつまみの1品としては、
2人分で10個でちょうどよい量です。
スモールポーションで買えたことに感激しました。

併設の食堂街も魅力的

さて、市場に戻って、
水産棟の隣りに、関連棟というのがあり、
ここにはレストランが並んでいるわけです。
今回は、
「木村家」という食堂に入って、
アジのフライ定食を食べました。

やっぱり魚は鮮度が命ですね。
うまい!

ちなみに、
関連棟のレストランには、
開放日に限らず、いつでも入ってOKです。

横浜市中央卸売市場への行き方

市場へのアクセスですが、
横浜駅から市バスがイチバン便利だと思います。
横浜駅の「そごう」のほう、「スカイビル」1階にある、
“横浜駅前”バスターミナルの、4番のりばから出ている、
48系統、コットンハーバー方面に向かうバスに乗車して、
10分程度の“中央市場前”バス停が、最寄りになります。

ところで、
中央市場は、道を挟んで、大きく水産物部と青果部に分かれているのですが、
市民開放しているのは水産物部になります。
青果部の棟に入ってはいけませんので、ご注意ください。

「横浜市中央卸売市場・市民開放」イベント情報

住所: 横浜市神奈川区山内町1-1
電話: 045-459-3400(横浜魚市場卸協同組合イベント係、市場の休業日を除いた8:30~15:00)
公式ページ

「木村屋」店舗情報

住所: 神奈川県横浜市神奈川区山内町1-1 -134
電話: 045-441-0304
「食べログ」ページ

横浜No.1のとんかつと言っていいでしょう、関内の「丸和」

横浜No.1のとんかつと言っていいでしょう、関内の「丸和」

行列からもうかがえる名店

東京・大森にある名店のトンカツ屋「丸一」の姉妹店です。
が、「丸一」には行ったことがないのですが…。
連日、開店の11:30の前に行列ができるそうです。
自分が行った時も。

これは間違いないですね。
そして、行列ができるにはワケがあります。

数量限定の“ロースかつ定食”

ランチメニューは、とんかつ、ひれかつ、ロースかつ、の3種類。
とんかつが=ロースのことで、
ロースかつは=上ロースとか特上ロースという具合です。
このロースかつは、数量限定で、1回転目で品切れてしまうこともあるとのことで、
それにありつくために、とある会社が有休の日に、11:15ぐらいから並んだのでした。

美味しいとんかつは脂身が美味い

“ロースは脂身が…”と敬遠する方もいますが、
確かにそうなんですが、
美味しいロースかつの脂身は、甘くて美味しいんですよね。
こちらのお店もまさにそうでした。
素材がイイんでしょうね。

ちょうどカウンターの揚げ鍋の前の席で、
ジュワジュワ→パチパチ→(切る)ザクッザクッというグルーヴ感も最高でした。

キャベツはおかわり自由でした。
ホール係の人が“いかがですか?”と聞いて周ってくれるのも高ポイント。

横浜イチといっても過言ではないでしょう。
みなさんも、ぜひ!

「味のとんかつ 丸和」店舗情報

住所: 横浜市中区住吉町5-61
電話: 045-641-0640
「食べログ」ページ

元町・山手町の洋館散策は桜木町駅からバスでも【時刻表】

元町・山手町の洋館散策は桜木町駅からバスでも【時刻表】

山手に向かうバスは桜木町駅前発

山手の洋館を巡る場合、
特に考えなければ、みなとみらい線の元町・中華街駅かJR京浜東北線/根岸線の石川町駅から徒歩になるのですが、
住んでいる方にはご存じの通り、
山手へは急な坂道を上がらなければなりません。

ここで、
山手町を通るバス路線が、1つだけあります。
「神奈川中央交通」(カナチュウ)が、「桜木町駅前」から出しています。

<PDF>横浜営業所路線図 舞岡操車所
yamatekanachu11

11系統です。
「桜木町駅前」を出て、「中華街入口」や「元町入口」の停留所を経て、
「港の見える丘公園前」、「元町公園前」、「イタリア山庭園前」等の停留所に停まっていきます。

「桜木町駅前」の時刻表

この路線の始発「桜木町駅前」の時刻表は以下になります。(※2016/10/31調べ)

土曜&休日(ともに同じ) 平日
6時41分 6時37分
 7時5分、32分、58分 7時3分、19分、35分、45分、57分
 8時14分、35分、58分 8時13分、29分、45分、59分
 9時25分、48分 9時21分、50分
 10時11分、35分、59分 10時23分、43分
 11時25分、45分 11時6分、31分、56分
 12時11分、35分、59分 12時21分、52分
 13時25分、45分 13時13分、38分
 14時16分、40分 14時3分、26分、56分
 15時6分、33分、59分 15時26分、49分
 16時25分、52分 16時11分、36分、59分
 17時19分、45分 17時19分、34分、52分
 18時12分、40分 18時12分、27分、51分
 19時4分、36分、59分 19時16分、36分、53分
 20時32分 20時16分、41分、59分
 21時5分、50分 21時27分、55分

土日祝は1時間に約2本のダイヤとなっています。

「桜木町駅前」バス停の時刻表 系統番号:11 | 神奈川中央交通

所要時間は、
「港の見える丘公園前」バス停まで12分、
「イタリア山庭園前」バス停まで16分、
です。

桜木町駅前の11系統バスの乗り場

busstop_2
主要なバス停 桜木町駅|横浜市観光情報公式サイト

神奈川中央交通の117系統は①番乗り場から出ています。
以下は、①番乗り場の現場写真です。

みなとみらい辺りにいて次は山手に向かうという時には、
このバスルートが便利です。

2017年から神奈川新聞花火大会は休止に!

2017年から神奈川新聞花火大会は休止に!

発表から日にちが経ちましたが、
あまりにもショックなので記事に。

2017年以降、神奈川新聞花火大会は休止に

2016年8月2日に、第31回の神奈川新聞花火大会が開催され、
その同月末に、
2017年以降の無期限休止が、主催の神奈川新聞社より発表されました。

【社告】神奈川新聞花火大会休止のお知らせ
114e470862ee8d397cb6bdd9344a866a

安全上の問題から、今後の実施が難しくなり、これまでの方式による花火大会の開催は当分の間、お休みをさせていただきます。
長年にわたって県民読者の皆様のご支援で開催してきましたが、「安全・安心」な運営には代えられないためです。これまでご協力をいただきました関係者の皆様に心より感謝いたします。

安全上の理由と言うことで、
納得せざるを得ないのかもしれませんが、
とにかく悲しいです。

個人的に・・・、
今住むマンションを選んだ理由の1つが、窓から花火大会が見えるということでした。
来年以降は自宅から見えると思っていた矢先のこの知らせに、
ひと一倍ショックを受けています。

神奈川新聞花火大会の再開に期待

そんな中、
例えば、株式会社コロワイド(本社がみなとみらいのランドマークタワー)は・・・

神奈川新聞主催の花火大会について
来年以降も花火大会が開催できますように、当社と致しましては、「継続のお願い」を関する各方面にして参りたいと存じます。
皆様にも当社の考えをご理解頂き、ご支援・ご賛同をお願いできますれば幸いでございます。

・・・復活要望を出しています。

僕も、とにかく、再開を願うばかりです!