「横浜スパークリングトワイライト2017」花火大会の穴場鑑賞スポット

「横浜スパークリングトワイライト2017」花火大会の穴場鑑賞スポット

「横浜スパークリングトワイライト2017」スパークリング花火の開催概要

【日にち】2017/7/15(土)・16(日)
【時間】両日とも19:30~20:00
【打ち上げ場所】

横浜スパークリングトワイライト2017ご協賛のお願い

山下公園正面、大さん橋と山下埠頭のあいだ、の海上に設置された台船から打ち上がります。

ちなみに、
天候が怪しい時のために、当日開催可否を確認できる専用電話ダイヤルが用意されています。
0180-99-1818
(両日とも12:00から案内されます。)

オススメ鑑賞スポット

港の見える丘公園

Googleマップ・ストリートビューで確認すると、
マリンタワーの右下に大さん橋が見えています。
この位置の高くに打ち上がるので、よく見えることは間違いないです。
ただ、
メジャーなスポットですので、場所取り争奪戦は激しそうです。

【穴場】新山下運河の霞橋

【穴場】新山下運河の新開橋

3/3〜5に横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス 2017」開催

3/3〜5に横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス 2017」開催

「パンのフェス」は去年に続き第2回目の開催

こんな駅貼りのポスターを見つけて、

調べてみました。

「パンのフェス」公式サイト
http://pannofes.jp/

昨年2016年に第1回が開催され、約12万人の動員と大盛況につき、
今年も開催されます。
開催日は、2017年3月3日(金)・4日(土)・5日(日)の3日間です。

パンを買うには先行入場料300円が必要かと

2016年開催のダイジェストビデオを見ると、

“全店SOLD OUT!!”とあります。
今回、
入場料が無料の一般入場は15:00からとなっており、
それとの差別化で、
入場料300円を払うと、11:00から先行入場できるようになっています。
間違いなく、先行入場しないと、少なくとも人気のパン屋さんの商品は、売り切れになってしまうでしょうね。

幅広い出店舗

出店舗一覧を見てみると・・・
三軒茶屋の有名店「シニフィアン シニフィエ」や、
全国のパンマルシェでおなじみの広島の里山に店を構える「おへそカフェ&ベーカリー」に、
地元横浜の名店も多数出店と、
これは、家族分/1週間分のパンを買い込みたくなりますね!

毎月第1・3土の9~11時は横浜市中央卸売市場の市民開放日

毎月第1・3土の9~11時は横浜市中央卸売市場の市民開放日

「アド街」でも1位になった横浜市中央卸売市場本場水産物部

テレビ東京「出没!アド街ック天国」の<京急 仲木戸>の回で、
中央卸売市場の市場開放のことが、
第1位として紹介されていました。

開放日は、
毎月、第1と第3の土曜日です。
時間は、早朝の9:00から11:00までとなっています。
(該当土曜が市場の休業日にあたる場合は実施しないそうなので、)
詳細は、こちらでご確認を。
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/orosi/topics/gyoshokufukyu.html
(ページURLは固定でこれで、ページ内容が随時更新されていきます。)

先着で来場者サービスあり

2017年2月の第1土曜に行ってきました。

まず、
場内は、鮮度管理のために冷えているので、
・・・冬場は、外よりも場内の空気の方が冷たかったです・・・
相当暖かい格好をして出向くことをオススメします。

場内を歩いていると行列が。
来場者無料サービスとして先着300名にふるまわれる味噌汁をもらう列でした。

ネタは毎回変わるようで、
今回は、神奈川県産の新物わかめを使った味噌汁でした。

貝類でダシがとられてて、ワカメはトゥルットゥルで、おいしかったです。

仲卸店舗で買う魚貝はお得

場内の仲卸業者の店を一周して、何を買おうか決めて、
この日は、2つの店で、
生本マグロの中とろのサクと、ムール貝を買いました。

ムール貝を買う時に、どう買えばいいのか不安でしたが・・・
店のヒト「(1)キロ(あたり)600円だよ」(←あとからこう言ってたんだと完全に把握できた。)
店のヒト「どうします?」
僕「10個とかでもいいですか?」
店のヒト「ハイ」
というわけで、
10個で300gぐらいで、お値段なんと200円ぐらいでした。

買った食材は、
その日の夕飯に、
マグロはカルパッチョに、ムール貝は白ワイン蒸しにと、
“洋”に仕上げました。

ムール貝の白ワイン蒸し、おつまみの1品としては、
2人分で10個でちょうどよい量です。
スモールポーションで買えたことに感激しました。

併設の食堂街も魅力的

さて、市場に戻って、
水産棟の隣りに、関連棟というのがあり、
ここにはレストランが並んでいるわけです。
今回は、
「木村家」という食堂に入って、
アジのフライ定食を食べました。

やっぱり魚は鮮度が命ですね。
うまい!

ちなみに、
関連棟のレストランには、
開放日に限らず、いつでも入ってOKです。

横浜市中央卸売市場への行き方

市場へのアクセスですが、
横浜駅から市バスがイチバン便利だと思います。
横浜駅の「そごう」のほう、「スカイビル」1階にある、
“横浜駅前”バスターミナルの、4番のりばから出ている、
48系統、コットンハーバー方面に向かうバスに乗車して、
10分程度の“中央市場前”バス停が、最寄りになります。

ところで、
中央市場は、道を挟んで、大きく水産物部と青果部に分かれているのですが、
市民開放しているのは水産物部になります。
青果部の棟に入ってはいけませんので、ご注意ください。

「横浜市中央卸売市場・市民開放」イベント情報

住所: 横浜市神奈川区山内町1-1
電話: 045-459-3400(横浜魚市場卸協同組合イベント係、市場の休業日を除いた8:30~15:00)
公式ページ

「木村屋」店舗情報

住所: 神奈川県横浜市神奈川区山内町1-1 -134
電話: 045-441-0304
「食べログ」ページ

横浜・山手の西洋館でのクリスマスイベントが2016/12/1より開催

横浜・山手の西洋館でのクリスマスイベントが2016/12/1より開催

横浜は山手の、西洋館でのクリスマスイベント

img20101225151659

山手地区の西洋館の8館で、「世界のクリスマス2016」というイベントが開催されます。
これは、
8館それぞれが、8か国のクリスマスの装飾展示をするのがメインとなっています。
どの館がどの国かは次の通りです。

【横浜市イギリス館】 ・・・ イギリス
【山手111番館】 ・・・ スウェーデン
【山手234番館】 ・・・ アルメニア
【エリスマン邸】 ・・・ フィンランド
【ベーリック・ホール】 ・・・ ベトナム
【山手68番館】 ・・・ ブラジル
【ブラフ18番館】 ・・・ イタリア
【外交官の家】 ・・・ 日本

開催日時の詳細は・・・
2016/12/1(木)~12/25(日)<この期間中は休館日なし>
月~金曜と日曜は9:30~17:00、土曜と祝日は9:30~18:00

入館無料です。

イルミネーションにキャンドルガーデンも

同イベントで別の見せ物が2つあります。

■キャンドルガーデン
場所:山手イタリア山庭園
日時:2016/12/23(金・祝) 日没~20:00<荒天の場合は翌日>
料金:観覧無料

「イタリア山庭園」は、ブラフ18番館と外交官の家がある場所です。
このイベントは、1回限り、12/23のみとなっています。

■イルミネーション
上述の8つの西洋館でおこなわれます。
外観に取り付けられるイルミネーションです。
点灯時間が、日没~23:00となっています。
期間が、上述の展示よりも早く長くなっていて、
2016/11/25(金)~12/31(土)です。
観覧無料です。

上述の展示は、館内で、17:00もしくは18:00までで、
イルミネーションの点灯は、イメージとしては閉館後ですので、
ご注意ください。
例えば、
18:00過ぎにイルミネーションを見に行くと、
その時点ではもう館内の展示は見れませんので。

「世界のクリスマス2016」の詳細

西洋館を管理している協会の公式サイトに情報が載っています。

横浜山手西洋館 世界のクリスマス2016 | 山手西洋館公式サイト
seiyoukankurisumasu2016

石川町駅にパンフレットも設置されています。

sekaikuripanfu1

sekaikuripanfu2

sekaikuripanfu3

趣ある洋館のイルミネーション、雰囲気バツグンですよ!