石川町駅・南口そばの昔ながらの安定の定食屋「日浦屋」

昭和の雰囲気残る定食屋さん

休日のランチに、「日浦屋」に入りました。
お初の訪問です。

hiura03201611

12時半過ぎに入ると、
1階の、4人掛けのテーブル席の4卓は埋まっていて、
2階に通されました。
2階も4卓ほどで。

hiura01201611

店内は、雑然とした感じで(もちろんイイ意味で)、
昭和の雰囲気というか。

料理が美味しい

今回はミックスフライ定食をたべました。

hiura02201611

フライのネタは、カレイ、キス、カキ、イカでした。タルタルソースも付いてきて。
味噌汁に、漬物に、ひとくち冷奴まで。
うれしいです。
最近は冷凍モノのフライに出くわすことも多くなってきましたが、
ココは、手作りで揚げてますね。
サックサクでおいしかったです。

いつまでも続いてほしい定食屋

2階席に通された際、
初老のご主人がついてきて、お茶を注いでくれたり、石油ストーブに火をつけてくれたり。
料理は、おかみさん(その奥様と思われる方)が、1階から運んできてくれました。
会計は1階で、またそのおかみさんが。
奥の厨房で、息子さんと思われる方が調理をしているのが見えました。
家族経営で、地元民から愛されているお店なんだろうなぁと感じました。
また来て、いろいろなメニューを食べてみたいです。

「日浦屋」店舗情報

住所: 横浜市中区石川町1-18-7
電話: 045-641-0539
「食べログ」ページ